そら
会 期
2017年3月14日(火)~'18年3月18日(日)9:00-17:00
*休館日12月~3月の月曜日・年末年始
場 所
2階 展示室
入場料
無 料
主 催
日本現代詩歌文学館
展示テーマ
 わたしたちの周りはたくさんの音で溢れている。風や水や生き物たちが生み出す音。語り、ささやき、歌い、ときに泣き、叫ぶ人間の声。楽器が奏でる音色、生活にまつわる音、機械が発する唸り、雑音、騒音、時を告げ、また危険を知らせる響き。沈黙や静寂をも含めて、生きるという行為は、常に音とともにあると言っても過言ではないのかもしれない。
 受動的に聞こえてくる音と、意識することではじめて耳に届く音があるなかで、古来、詩歌人は声なき声に耳を傾け、見えないところから聞こえてくる音を受けとめてきた。現代の詩歌人はいま何を聴き、そしてどんな音を生み出すのか。詩歌と音をめぐる諸相から、現代という時代とともに、詩歌という文芸の奥深くが垣間見えてくるのではないか。
展示内容
○「音」 をテーマにした詩歌作品 (作者の自筆出品)
○インスタレーション「光と風のトポロジー」
○来場者参加インスタレーション「声に翼をつけるためのスコア」
○高橋昭八郎「音という文字の書かれている一枚の紙、その裂かれていく音」(映像)




出品者(敬称略・分野別五十音順)
 

暁方ミセイ 以倉紘平 上田假奈代 簡 智恵子
岸田将幸 小柳玲子 高橋玖未子 富沢 智
  中本道代 野村喜和夫 宮城隆尋 村永美和子
山崎佳代子 渡辺玄英
 
短歌 大井 学 大崎瀬都 大野道夫 大松達知
久々湊盈子 栗木京子 河野美砂子 柴田典昭
塘 健 内藤 明 中川佐和子 本多 稜
松坂 弘 松田久惠 光森裕樹 森山良太
 
俳句 伊藤政美 井上弘美 岩岡中正 大峯あきら
加藤瑠璃子 菅原典子 仙田洋子 仲 寒蟬
村上鞆彦 山田佳乃 山西雅子 山本一歩
横澤放川 渡邊千枝子
 
川柳 大田かつら 大野風太郎 清水かおり 高鶴礼子
田辺進水 土田欣之 中島久光 松橋帆波
山口まもる
         
ヴィジュアル
ポエトリー
 
伊藤元之 金澤一志 新國誠一 向井周太郎
ヨーゼフ・リンシンガー     




エッセイ執筆者(図録掲載のみ・敬称略)
 
 藤富保男 短歌  大島史洋 俳句  栗田やすし 川柳  森中惠美子



協力(敬称略)  
   
伊藤元之 金澤一志 工藤嘉信 平凡社 三浦健治郎