title

平泉の藤原三代が栄華を極めた時代に先立つこと約二百五十年前、
極楽寺を中心とした文化が芽生えていました。
以来、北上川の船運、北上平野の陸路の宿場町、黒沢尻には多くの文人墨客が訪れ、
詩歌のまち・北上を形づくる先駆となりました。
数々の詩歌が刻まれた文学碑、西行や子規、牧水などが旅をした足跡がしのばれます。

(1)宮沢賢治碑 (5)高村光太郎詩碑 (9)北上夜曲碑

(1) 宮沢賢治 入畑ダム湖畔 「二川こゝにて会したり・・・・」
(2) 正岡子規 石羽根ダム湖畔広場 「はて知らずの記」より
(3) 高村光太郎 後藤平和観音 「観自在こそたふとけれまなこひらきてけふみれば・・」
(4) 沢藤竜輔 新渡戸観音泉 「春泉の一樹をめぐり溢れけり」
(5) 高村光太郎 飛勢城跡 詩「ブランデンブルグ」より
(6) 菅江真澄 和賀神社 「冬ちかみあらしの風もはやちねの山のかなたや時雨そめけむ」
(7) 平野直 更木農村集落会館 「ぼたんはしづかなよいお花・・・・」
(8) 若山牧水 更木町臥牛 「しらたまの歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」
(9) 北上夜曲碑 展勝地 「匂いやさしい白百合の濡れているよな・・・・」
(10) 市内中心部のページへ


次へ